​home > works > Restoration > 随神像 修復

「 随神像 修復 」

都内のとある神社から随神像二対をお預かりしました。

全体に埃等の汚れが積もり固着しており、彩色は剥離剥落が著しく、首が落ち込み傾いてうな垂れているように見えました。過去に虫喰い腐食等の修復がされていたようで、痛んだ部分を切り取って無理に張り合わせてあるため造形的に繋がりが悪く違和感がありました。各部材の接合には鉄釘が多く使われ、錆びが発生し周辺の木部を腐食させていました。補修部材には質の良くないものが多く使用されていました。

368F0A36-3FB6-426E-9F50-87979191F0C2.PNG

各部は矧ぎ目の接着が緩んでいたため、一旦解体・再組み立てをおこない、今後の安置に不安のないように構造面の補強をおこないました。過去の修復で改変されていた箇所は造形的に欠損・忘失していた箇所は儀軌、時代性に則り本像の造形的特徴に沿ったものを補作・ 新補しました。今回補修した箇所は当初部分と馴染むように色合わせをして、時代性を損なわない修復に留意しました。

 

以下、修復工程をまとめました。

修復工程

1.

彩色除去

過去の修復で施された彩色は、劣化による剥落が著しいので除去しました。彩色下には矧ぎ目や虫喰い痕に和紙による紙貼りがされていましたが、糊の劣化により剥離していたため彩色とともに除去しました。

FF495DC6-DA71-45EE-858B-C5897EE7B7DB.JPG
4F8F0DD0-961E-44A8-9130-4A3BCF4DE806.JPG

2.

損傷状況

各部材は剥ぎ目の接着が緩み隙間ができていました。接着に使われた膠はすでに劣化して接着力を失い、 竹釘による接合でかろうじて形を保っていました。

5BCEDC91-C670-4DE3-8917-DEA3D7C88C9C.JPG
640062B1-09C5-42CA-B3FC-BE6FE4629A69.JPG

3.

解体作業

各部材は膠接着、竹釘接合でしたが、膠は経年劣化により接着力を失い、竹釘によりかろうじて接合を保っていました。随所に隙間が見られたため構造面の修復のため一旦解体しました。

36C56A08-F305-4A50-A8EB-61E6053E333C.JPG
CBBF617D-3C7A-40E4-B658-2459FEBE95DC.JPG

4.

毘沙門天 面部

毘沙門天の頭部は剥ぎ目の接着が緩んでいたため、一旦取り外し再接着しました。これにより玉眼の状態を確認できました。過去の修復で手を加えた痕跡が無く、制作当初の状態を保っていたため、そのまま閉じました。

A28FC085-B8D4-45F8-A55A-79BBF01F8F4F.JPG
74905540-82DB-477D-A69C-E56778696669.JPG

5.

像内墨書

解体により持国天、広目天、多聞天の像内内刳り面に造像銘があることがわかった。この発見により製作者が断定され、おおよその制作時期が判明しました。

294DF208-BA07-4C49-A01E-CBB212E1A0CB_edited.jpg
2E3EFBB1-5489-43A9-87F1-8ADD1D739B51.JPG

6.

​組み立て

竹釘と釘穴を再使用し組み上げていきます

接着面はあらかじめパラロイド溶液を塗布し、将来の保存修復の際、完全に除去できるよう可逆性を持たせました。

7FD4B942-47B1-475F-8C67-BD8837B0FCA5.JPG
C6234D55-D3B1-4522-B4B5-103ABAFFA15D.JPG

7.

部材組み違えの修正

初見から造形的違和感が指摘されていました。接合個所の彫刻面の連続性や墨書きの符合から正しい組み合わせに修正ました。

IMG_0657.JPG
IMG_9633986DF6A6-1.jpeg

8.

損傷箇所の補修

再組み立て後、剥ぎ目及び彫刻面の欠損箇所を木屎漆で充填成形しました。

DSCF6775.JPG
E31E9CB5-92C3-429F-9FA9-D8E9C62EAB0F.JPG

9.

亡失箇所の補作・新補

持物を含め亡失箇所を像に合った造形を推測して檜材で新造しました。持物は各像の儀軌に則ったものを類例の作品の造形を参考にしながら制作しました。持国天の邪鬼は、後補の面部が桐材で制作され、他像と比べ造形的にも違和感があり、その像のみ彫眼であるため他像に合わせた造形・仕様に修正しました。

DSCF6738.JPG
IMG_0686.JPG

10.

玉眼の新補・嵌入

持国天は、玉眼が過去の修復でアクリル樹脂製に変えられており、現状は破損していたため水晶で新造しました。水晶の内側に黒目と金箔・血走りの彩色を施し、裏から真 綿を当て白目を表しました。桧材の当て木で押さえ、竹釘で固定し嵌入しました。

DSC01680.JPG
DSC01657.JPG

11.

玉眼の新補・嵌入 (餓鬼)

持国天の邪鬼の玉眼も新たに水晶を研磨して制作し、嵌入しました。

28C6B168-3464-4F22-BD15-984527B67FCA.PNG
DSC01630.JPG

12.

修復箇所の彩色

木屎で補修した剥ぎ目、補作箇所を当初部分に合わせ天然顔料を用いて色調・質感の調整をして馴染ませました。

DSCF6799.JPG
160F422D-EE2A-4D41-8FA9-FA4FF1E671F8.PNG

13.

金箔貼り

方座の制作・新補した光背・持物の金箔貼り

光背に付属する炎の彩色をしました。

DSCF6880.JPG
DSCF6966.JPG
修復完了
1564C9AF-D6CE-41E6-AC93-3AE774984137.jpeg
9BA22052-3341-44BE-BA63-23089ED34F9C.jpeg
B0F8B679-0953-4542-9BA0-1284748E191C.jpeg
499E8356-56CD-4BD7-B230-3CD4C784D89A.jpeg