大日如来坐像蓮弁彩色

正倉院蔵、漆金薄絵盤(香印座)蓮弁(天平時代)の意匠を踏襲し、八方五段の四十枚の蓮弁の内、半分の二十枚の彩色を担当しました。

​紺・丹・緑・紫の繧繝彩色で宝相華・鳳凰などを描きました。

1/1

彩色の工程をまとめました。

​鉛白の下地をした後、粒子の細かい明るい顔料から順番に乗せていきました。

写真をクリックすると大きくなります。

1/1

 ※当ホームページ内の画像・テキスト等の無断使用を禁じます。

  • Facebookの - ブラックサークル